· 

アウトバーンの三大恐怖とは!?

 

ドイツの高速道路アウトバーンの三大恐怖!

 

■ 恐怖その①「速い」

 

制限速度がないって本当?

 

本当です!

 

正確に言うと、制限速度が書かれていないところが無制限です。なのでどこもかしこもではありません。合流地点とか、橋とか、カーブがきついとかでは必ず制限があります。年々無制限の箇所はは減っているとのことで、現在は半分くらいだとか。

 

制限といっても、100~120キロ程度、工事でとても狭くなっている時でも60~80キロ程度です。

 

白地に黒の○及び斜め線の標識が、それまでの制限を解除しますという意味です。これが見えたとたん、みなさんブーン!スピード出したい人にはたまらないでしょう。車のエンジン機能の優越もみえてしまうのが、悲しいところ。

 

このマークが高速道路の印です。料金無料なので本当に便利です。

180キロくらいでの走行を撮影しました。カーブが緩やかでとても走りやすく、あまりスピードでてる感じがしません。さらに速い車もいますね~。日本と左右逆なので、右がゆっくり車線、左が追い越し車線です。


 

私はなかなかスピードが出せず、最初は100キロ程度でのろのろ。今は120~130キロ程度で運転してます。落ち着いて走ってるというイメージですね。自分史上最高速度は160キロ。10秒間くらいですけど。

 

速い車はバックミラーで小さく見えてても、あっという間にすぐ後ろにピタッですから、怖いですよ~。

 

■ 恐怖その②「暗い」

 

街灯がないのですヨ!夜は真っ暗!自分のヘッドライトのみ。雨で、しかも車線が消えかかってる場所とか恐怖です。前の車のバックライトをひたすら追いかけるとか、そんな感じ。

夜明け前のアウトバーン。

ちょっぴり映像。


他の車のライトがとっても明るく感じる。

夜が明けてきた~。


ふ~ここまで明るくなれば安心。

 

私は個人的に暗闇が怖いお子ちゃまなので、夜の運転はガクブルです。太陽万歳。


 

■ 恐怖その③「虫に襲われる」

 

日本の高速道路って高架が多いですけれど、ドイツはほとんどが地表にあります。

 

そのせいなのか、春から夏にかけては虫がフロントガラスにぶつかってすごいです。バシッ!っと音がする同時に、次々に汚れていくのがホラーそのもの!洗車必須です。写真撮ってませんでした。

 

というわけでいかがでしたでしょうか、アウトバーン三大恐怖。怖い物好きなあなたは、是非ドイツで運転をなさってください。

 

前のブログ: 人には言えない失敗談~思い出し奮闘記

 

☆車関係のブログ☆

これがドイツの免許証!~書き換え奮闘記

人には言えない失敗談~思い出し奮闘記

 

◆お知らせ◆

オンライン・コレペティ承っております。ドイツ語、フランス語のディクション、レチタティーヴォや、なじみのない作曲家の譜読みなどにご活用くださいませ。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    長澤 (火曜日, 12 10月 2021 01:14)

    凄いですね!
    勇気あるのね。
    夜中でしょ?
    すごい尊敬します❣️

  • #2

    Maki (火曜日, 12 10月 2021 06:28)

    長澤様
    ドイツの冬は、暗くなるのが早くて、真っ暗運転率が高いのです。おっしゃる通りとても勇気が必要でした。今もドキドキです。