オンライン・コレペティ 詳しいご案内


「オンライン・コレペティ」とは?

 

ドイツ語の「Korrepetitor(コレペティートル)」から来ています。「ko-(一緒に)」+「repetie-(何度も練習する)」+「-tor(人)」、つまり「一緒に何度も練習する人」を意味します。歌劇場において、オペラ歌手が必要とする音楽的側面を一対一でサポートする専門職です。日本では略して「コレペティ」という事が多いです。

 

歌手一人一人の得意を伸ばし、不得意を補い、心の状態に寄り添って、楽譜を初めて開くところから公演本番まで、陰ながら寄り添います。

 

歌を愛するすべての人の役に立ちたい、コロナ渦の中、自宅にて安全に力を伸ばしたい人の助けになりたい、という思いから、リモート機能つまりビデオ通話を使った「オンライン・コレペティ」を始めました。


「コレペティ」は、一般的なレッスンとは何が違うの?

 

一般的なレッスンでは、受講生がご自分でできるだけの練習をした後に、声楽の先生の前でご披露して、アドバイスをもらう、という側面が強いです。

 

一方「コレペティ」では、「一緒に何度も練習する人」という意味ですので、全く譜読みをしていない段階から、一緒に練習を始めることができます。取り組みたい曲を、ご自分のペースで行っていただけます。とても気軽に考えていただいたら幸いです。


どんなことをしてもらえるの?

 

音取り

歌のメロディーを和音とともに反復演奏いたします。その後、前奏や間奏に続いて、小さいフレーズごとに繰り返し歌っていただくことで、効率良く音取りすることができます。

外国語の歌詞の発音・発語

【ドイツ語、イタリア語、フランス語、チェコ語、英語】

歌うための発音「Singing Diction」は、特にクラシック音楽において、日常会話の発音とは少し違います。日本語にない発音のみならず、音符に当てはめた場合どのように発音するのか、舞台上ではどのような発語が望ましいのか、など丁寧にお伝えします。

実践へのお手伝い

立ち稽古、オーディション、本番などに向けての様々なご相談に対応させていただきます。


「オンライン」のメリットは?

 

1.  移動時間・交通費の節約になる。

 

2.  新型コロナウイルスなどの感染リスクを減らせる

 

3.  プライバシーが守られる完全に一対一ですので、周りの目を気にすることなく行えます。


対面式では行ってないの?

 

常時「対面式」も行っております。


「オンライン」では、システムの都合上ビデオ通話に遅れが出るため、歌と同時にピアノ伴奏を弾くことができません。歌い込みたい方のために「対面式」もご活用ください。

 

 


どのようなシステムが必要ですか?

 

1.  スマートフォン、タブレット、PC上のビデオ通話アプリケーション。Facetime, Skype, Line, Messenser の中からお選びいただけます。(Facetime, Skype推奨) 他、お勧めのツールがありましたら、ご紹介ください。

 

2.  ビデオ通話ができる通信環境

 

以上2点です。


こんな方におススメ!


譜読みのサポートをしてほしい

 

・譜読みを始めたい

・譜読みができているかチェックしてほしい

・レチタティーヴォの譜読みを見てほしい

・現代曲の音取りをしてほしい

など

合唱団に入ったが不安

 

・周りについていけるのか不安

・自分のパートの音取りをしてほしい

・次の団の練習までに繰り返し練習したい

・外国語の読み方がはっきりしない

など

実践前のチェックが欲しい

 

・コンサート前に暗譜の確認がしたい

・レッスンや、マスタークラス、オーディションの前に、チェックをして欲しい

など


 料金

 

   30分 1,500円
   60分 3,000円
   90分 4,500円
 120分 6,000円


* 終了後に指定の銀行口座にお振込み、またはPayPayにて送金していただきます。振込先は、お申込み後にお知らせいたします。

* 日程変更可能、キャンセル無料 (出来るだけ早くお知らせください)。


ご予約可能時間

 

日本時間: 9:00〜21:30

 

定休日: なし